サル×りんご×壺=執着

12.19

saru

 

ある所に、一匹のいたずら好きのサルがいたのですが、

近くの村に降りて来ては、畑を荒らしたり食べ物を盗んだりして、

悪さを働いていました。

 

そんなある時、サルは壺の中に入ったりんごを見つけます。

美味しそうなりんごを食べようと、サルは壺の中に手を入れますが、

なんと、手が抜けなくなってしまいました・・・。

 

 

びっくりしたサルは、一生懸命に抜こうとしたり、

手を振ってみたりしますが、いっこうに抜けません。

 

しまいには、人間に助けてもらおうとお願いし、

壺を引っ張ってもらいますが、それでも抜けずに困っていました。

 

 

そこに、その村の村長さんが現れました。

 

村長さんは、サルに向かって、

「壺の中で掴んでいるりんごを離してごらんなさい」と

優しく伝えます。

 

それでもサルは、「イヤだっ!」と言って

聞き入れません。

 

 

村長さんは優しく

「りんごを離してごらんなさい。

そうすれば手が自由になって、壺から抜く事ができるよ」

と言います。

 

 

サルはその言葉に半信半疑ながらも、りんごを離してみました。

すると、手が自由になって壺から手を抜く事ができたのです。

 

そして、村長さんは壺をさかさまにしてりんごを取りだしてこう言いました。

「このりんごあげるから、もう悪さやいたずらをしないよう約束できるかい?」と。

 

サルは、手を抜く事ができたお礼を伝えるのと同時に、

その約束を守る事を伝え、それ以降はおとなしくなり、

村でも人気者の存在になりました。

 

突然、何の話なんだろう・・・。

子供向けの、童話のように感じたかもしれませんが、

この話で伝えたい内容は、「執着を離れる」という事です。

 

サルは、りんごに執着した事によって、

壺の中から自分の手を抜く事が出来ず、

自由を奪われる形になりました。

 

そんな感じで、僕たちが人生を歩んでいる中で、

何かの物事に執着してしまう事で、

本来は自由である事が、縛られてしまう状況があります。

 

 

例えば恋愛において。

別れてしまった恋人の事が忘れられず、

付き合うなら、元彼・元カノ以外はありえない。

なんとかしてやり直したい。と思われる方は、

数多くいらっしゃいます。

 

 

三鷹であった、女子高生が殺されてしまった事件もそうですね。

 

女性から「別れたい」と言われた男性側は、

好きな感情をコントロールする事ができず、

彼女に執着してしまった。

気持ちが抑えられない事で、あのような言動を起こしてしまいました。

 

 

もし、村長さんのように知恵のある人が近くにいて、

彼にアドバイスをしていたなら、あのような事は怒らなかったかも

しれません。

 

 

また、ある程度の時間が経つ事によって、

元恋人への執着する気持ちが和らいで行き、

視野を広く持てるようになれた。

 

ふとした時に新しく素敵な人を見つける事ができ

今までのこだわり、執着から離れられた。

そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

ドラマの「半沢直樹」も、フィクションとして見る分には、

痛快で非常に面白いですが、

ちょっと視点を変えて考えてみると・・・。

 

父親の自殺という、非常にショッキングな出来事があり、

その引き金となった大和田常務への執着が、

復讐や仕返しに繋がる。

 

見事にそれを果たすストーリーではありますが、

半沢自身の心のうちは、非常に苦しいものがあったでしょうし、

最終的には、その報いが自分自身に返ってくる結末として

描かれている。

 

何よりも、彼の人生の長い年月を

「復讐」にとられてしまった。とも考えられますし、

亡くなったお父さんも、復習よりかは

ネジの工場を継いでくれた方が、嬉しかったかもしれません。

 

半沢ぐらい頭が良かったら、工場をもっと大きくしていけたかも・・・。

 

 

こんな感じで、物事に執着してしまう事は、

いたずらに自分を苦しめてしまい、

また、時間やお金、自分の人生さえも

浪費してしまう面があります。

 

あなた自身においては、決してそうなってしまわないように。

執着から離れ、心安らぐ毎日を送って頂けたなら幸いです。

 


◆HPには載せられない!メルマガ限定の内容を配信中!
さらに【メルマガ登録者限定】当サイトの鑑定を無料プレゼント中!!詳しくはこちら⇒


お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メルマガの登録はこちら

名前
メール

鑑定のお申込はこちら

法則占い、鑑定お申込み
心を動かす
法則占い師マオ、メルマガ登録
法則占い師マオ、お客様の声
ページ上部へ戻る