ドラゴン桜×ライザップ 成功したいなら意識を高く持て 未来や結果にコミットする重要性

01.14

ドラゴン桜×ライザップ 成功したいなら意識を高く持て 未来や結果にコミットする重要性
 


 
 
 

こんにちは、マオです。
 
今日は、
 
成功したいなら、意識を高く持て。
 
未来や結果に
コミットする事の重要性。
 
 
というタイトルにて、お話していきます。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
ドラゴン桜の第7巻、
190ページ以降にある話なんですが、
 
 
まだまだ、勉強し始めて、
そこまで実力がついてない
ミズノとヤジマの2人に対して、
 
桜木は模試を受けるっていう話を
するんですね。
 
 
で、2人は計算問題とか、
そういったのは
少しずつ得意になってきたけど、 
 
でも、まだまだ全然、
実力が足りないから、
模試とか受けても
ダメなんじゃないか?っていうふうな、
 
まだちょっと早いんじゃないか?っていう事を
いうわけですね。
 
 
それに対して、
桜木が桜木なりの説明をしに、
課外授業というか
昼休みに外に出て。
 
で、スポーツ用品店に行く話があります。
 
 
 
どういった内容か?というと、
 
スポーツ用品店に行って、
野球のグローブを買う話をするんですね、
ヤジマに対して。
 
「お前なら、子供にどれを買ってあげるか?」と。
 
3千円、6千円、1万円の
3つがあるんだけど、
 
子供がこれから
野球を始めるのであれば、
どれを買うか?という質問をします。
 
 
ヤジマは、これに対して、
「今から始めるんだったら
3千円のグローブで十分」
という回答をします。
 
 
その回答に対して、桜木は
「それだと、子供は野球がうまくならない」
っていうふうに返すんですね。
 
 
 
それはなんでか?って言うと、
 
現状に合わせて
今の行動を決めたから、
 
それだと良い結果、
良い成果は出ない。
 
結果は、ついてこないって
いうような事を言うんですね。
 
 
あくまでも、目標がすでに実現している事。
 
それを前提にして行動する事で、
実際に目標が達成できるという
話をするんですね。
 
 
 
ここ最近、非常にCMで有名な
ライザップ。
 
「結果にコミットする」っていう言葉で
有名になりましたけど、
 
あの言葉。
 
 
まあ、内容については
いろいろ賛否あると思うんですけれども、
ライザップ自体には。
 
 
あの言葉っていうのは
非常に重要な言葉なんですよね。
 
未来に対して、約束する。
 
自分がこうなりたい。
こうしたいっていう事に対して、
その目標に向かって進んでいくっていうのは
すごく大事なんですね。
 
 
 
だから、ライザップの費用が高いとかね、
そういうふうに言われてますけれども。
 
ある意味で、
それだけの金額を払って。
 
で、2か月とか3か月で
あの体型を手に入れられるんであれば、
非常に有意義。
 
そういうふうに感じて、
あれだけ人気が出てるっていうか。
すごく利益が上がってますよね。
 
 
 
人っていうのは
それだけ金額を払えば、
やっぱり途中で止めたりとかするのは、
すごくもったいないじゃないですか。
 
 
だから、ライザップの戦略としては
それを払わせる事によって、
そこにコミットさせるっていうか。
 
退路を断つっていう、
そういった意味もあるんですよね。
 
 
 
だから、この野球のグローブの話と
同じように、
 
目標を高く設定するっていうのは
すごく大事なことなんですよね。
 
 
 
よくある話ですけれども、
 
僕も、ご相談にみえた方には
よくお伝えする事なんです。
 
 
ちょっと無理をした目標を
持つ事っていうのがすごく大事。
 
 
っていうのは
あらためて今、現状の目標ではなく未来。
 
この先に、自分が
どうなっていたいのか?
 
あなたが、どうなっていたいのか?
 
それを無理にでも実行すると、
自然とそうなっていく状況が
あるんですね。
 
 
 
たとえば、住むところとか。
 
普通のマンションと、
住み心地がいい、いろいろ便利な
タワーマンションとか
レジデンスとかだったら、
 
ちょっと無理してでも
いいほうに住めば、
それにふさわしい自分になれる。
 
 
 
たとえば、ワンルームの
小さいところが現実的に
合っているかも知れないんですけども、
 
 
ちょっと無理して
1万、2万とかプラスで出せば、
ワンルームから1DKとか。
 
2部屋ある1LDKとかに
変えられるとかっていうんであれば、
 
ちょっとそういうふうに無理をして
がんばってみるっていうのも、1つ。
 
 
で、車とか。
 
自分が買える車よりも
ワンランク上の車など購入する事で
それに見合った自分になっていけるっていう、
そういった状況があります。
 
 
 
普段、僕はね。
 
ものとかに執着しないようにっていうふうに
言うんですけども、
 
ものによっては
人を引き上げてくれるものがあるんですね。
 
 
たとえば、車とか。
 
欧州の車とか、
それなりのメーカーの車っていうのは
向こうの職人さんが本当に
手作りで作り上げる、魂がこもったものなので。
 
そういったものを
自分で所有する事によって、
ステータスが上がる部分もあるんですけど
自分自身も上がっていける。
 
 
時計とか、あとは、万年筆とか。
 
ああいった、いいものを持つ事によって
自分が引き上げられるっていう、
そういった意味合いがあるんですね。
 
 
 
まあ、だからと言って、変にね。
あらためて、そこに執着してはいけないんですよ。
 
 
もちろん、全部が全部ではないし、
 
決して変に贅沢しろって
言ってるんじゃなくて、
 
ちょっと背伸びするぐらいが
いいって事ですね。
 
 
月収30万しかないのに、
家賃が100万円のマンションとかに
住んだら、
それはただのバカじゃないですか。
 
 
 
だから、あくまでも
今に合わせちゃうんじゃなくて、
 
ちょっと先を見る。
 
ちょっと背伸びするぐらい。
 
 
それで、どんどん、どんどん
次のステージに進んでいくっていう。
 
目標に向かって
チャレンジするとか。
 
そういうのが、大事なわけですよね。
 
 
 
あらためて、
3千円のグローブだと
3千円の器の選手。
それぐらいのプレーをする選手になるけど、
 
1万円の良いものを買えば、
それだけの器になるって事です。
 
 
 
また、おもしろい事に
人っていうのは、
そういう状況に
合わせていく生き物でもあります。
 
 
たとえば、集中すれば
3時間で終わる仕事なのに、
 
会社に8時間、拘束されるとなると
人間って、
その8時間で終わるように合わせて、
ダラダラとその仕事をするんですね。
 
 
だから、がんばれば3時間で終わるのに、
プラス5時間ぶん、
それだと余っちゃうんで、
 
8時間に合わすように、
わざとダラダラ仕事するんです。
 
 
で、逆に、
3時間ぐらいかかる仕事を
仕事が終わる2時間前ぐらいに渡されたら、
2時間で終わるように
なんとか一生懸命、
必至でがんばるわけですよ。
 
 
 
っていうように、
 
人間っていうのはその器に
自然と合わせるような生き物でもあります。
 
だから、その法則・習性を生かせば、
少しずつ少しずつ、
あなた自身の器を大きくしていけるんですね。
 
 
 
だから、木とか植物を植える時に、
小さい植木鉢に植えれば
木も小さいまま。
 
根が張れないですから、
少ししか成長できないですけど。
 
 
最初から大きな植木鉢に植えれば、
本当に大きく育つわけです。
 
 
 
だから、あなた自身においても
もっともっと成長できる余地がありながら、
 
それを、ほかの誰でもない、
あなた自身が抑えてしまってる事も
おおいにあるわけです。
 
自分ができないとか、
自分にはできない、
無理だっていうふうに言ってね。
 
 
 
だから、あらためて、
背伸びをする大切さ。
 
そして、未来に自分の目標を設定して、
そこに約束する。
 
 
 
ライザップのコンセプトっていうのは、
それはそれで非常に
役に立つっていうか。
魅力的っていうか、学べる部分があるので。
 
 
ぜひ、未来を見据えて、
目標を高く設定して。
 
 
どんどん、どんどん、
あなた自身の明るい未来に
つなげられるように。
 
 
 
今日の話も
気付きとか、きっかけにつながれば
嬉しいです。
 
 
 
今日もありがとうございました。
 
 
それでは、失礼します。
 
 


◆HPには載せられない!メルマガ限定の内容を配信中!
さらに【メルマガ登録者限定】当サイトの鑑定を無料プレゼント中!!詳しくはこちら⇒


お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メルマガの登録はこちら

名前
メール

鑑定のお申込はこちら

法則占い、鑑定お申込み
心を動かす
法則占い師マオ、メルマガ登録
法則占い師マオ、お客様の声
ページ上部へ戻る